日本にみる外資導入成功例

 

日本は前述したようなややネガティブな条件下にありながら、勿論国内の民間資金に加えて、海外からの資本参加により成功させた大プロジェクトもかなりの数と額に登っている。例えばその代表的なものは以下の通りだ。

  • 汐留シティセンター(三井不動産)( 1,100億円)
  • 品川三菱ビル (約1,400億円)
  • パシフィックセンチュリープレイス(約2,000億円)
  • ANAホテル13物件(約2,813億円)
  • KDX豊洲グランスクエア(約350億円
  • ニセコビレッジ(約160億円)
  • エスポワール表参道(約310億円)

NEMICはこうしてみると、海外からの資金の誘致が絶対不可能ということではないとも云える。
NEMICとして非常に魅力的なプロジェクト案をこれらの機関投資家達に示すことの重要性を十分認識して準備を進めつつあります。

繰り返しになるが、プランが良くて、利回りもよく、又スピーディにプロジェクトが進行するようだと資金は世界中からどんどん集まってくる。NEMICが如何にしてこの流れに乗れるかどうかが大きなポイントなのである。